2015年11月22日

リフティングが苦手だった僕が上達できたきっかけ

サイト「少年サッカーのためのリフティング練習メニュー」のためのリニューアル動画第1弾が完成しました!


今後、この続きも定期的に公開していく予定です。
以前からの動画にくらべて、高画質なHD動画となっています。また、前は文字の解説が多かったのですが、できるだけ動画で見てわかることをこころがけました。

もっとも初歩の練習ですが、自分の経験からいうと、この初歩の初歩が大切だった気がします。

2015年11月13日

リバプールFCのレプリカ・ストッキングをはいてみた!

リバプールFCのレプリカユニフォームのストッキングをはいてみました。ユニフォームのシャツとパンツはよく着ていたんですが、レプリカのストッキングは初めてです。

copablog151113c.png

copablog151113a.png

最近、はまっている「アンリ履き」にしてみました。膝上まで伸ばして履くやり方ですね。ただストッキングの丈がそんなに長くないので、すぐに膝下まで下がってきそうです。

やっぱりこうして膝の下に,3本線のところを折り曲げて履くのが一番、安定してますね。
copablog151113b.png
posted by yoshi at 07:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月11日

フィールドに合わせたスパイクのソール

copablog151109b.png

ずっと愛用しているアディダスのコパムンディアル。
スパイクのソールにはスタッドという出っ張りがありますが、これはもちろんしっかりフィールドをとらえるためのもので、普通のトレーニングシューズとは違います。陸上競技でもスパイクがありますが、それとも違った形ですね。

コパムンの場合は丸型のスタッドという突起物が12本ついていて、これでしっかりフィールドをとらえます。
ただどんなフィールドでもいい、というわけではなく、普通から柔らかめぐらいの土や、天然芝が適切といわれています。

硬い土の場合や、人工芝の場合はマルチスタッドというスタッドがたくさんついたソールのスパイクが適していて、長めの天然芝や雨天時の柔らかいグライドの場合は取り替え式のスタッドが適しています。

なので、コパムンが採用している固定式のスタッドは一番、適応範囲が広いスタッドといえると思います。ただ無理やり硬い地面ではいたりしていると、スタッドの減りは早くなるので注意が必要だとと思います。

スタッドの形は昔からよくある丸型。最近はまっすぐな形のものが多くなってきていますが、丸型のほうがクセがないというか、安定感があり、柔らかいダイレクトインジェクションソールのコパムンには丸型がぴったりだと思います。
posted by yoshi at 07:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。