2015年12月27日

リフティング5回目の「ぬかるみ」をこえるための動画

リフティングのリニューアル動画第3弾をYouTubeで公開しました。

自分の経験では、リフティングが10回できるようになったあたりからは、「できる!」という自信もついてきて、面白くなってきて、練習すればするほど順調に回数が伸びていった、という記憶があります。

小学校のときの少年サッカー時代は、今から考えるとこの5,6回のあたりでイヤになってしまい、結局リフティングは苦手なままでした。3回できれば5回、10回とスムーズに回数が伸びそうなものですが、まだまだこの段階では空中を落ちてくるボールを、ちゃんとインステップの真ん中でとらえきれていないので、ボールが思っていない方向に行ってしまうことが多かったのだと思います。

なかなか10回に達することができない「もどかしさ」というのが、今でも記憶にあるので、まさに「ぬかるみ」という感じでしたね。今、動画で紹介している練習方法で小学校時代にやっていたら、リフティングが苦手というコンプレックスを早く克服できていたはず、と思うと少し悔しい気もしますが、そのコンプレックスも練習のバネになっていたとは思うので、何事も経験してみないと分からないし、経験することでいろいろ身につくことも多いんだと、しみじみ考えています。

2015年12月21日

リフティングには「3回の壁」がある

リフティングのリニューアル動画第2弾「リフティング3回の壁をこえるコツ」をYouTubeで公開しています。


リフティングをたくさんできる人にとってみると「3回の壁」というのは、とっても低い壁に思えると思いますが、だれでもいきなり上手くなったわけではなく、いろいろな壁を乗り越えながら上手くなっていくものです。

とくに初心者の人の場合、僕自身の経験でもそうですが、インステップ(足の甲とつま先の間)で、ボールをしっかりとらえて真上にはずませる、というのが、なかなかむずかしいので、ボールがうまくコントロールできない、ということがしばらく続くと思います。

なので、ただ3回、どんな体勢になってもボールをさわる、というだけなら、わりとすぐにできると思いますが、しっかりとインステップでボールを3回連続でとらえる、というのは初心者にとってはけっこう高い壁なんですね。

ボールにふりまわされるのではなく、ボールをしっかりコントロールしながらの3回。これが次のステップにつながると思います。
posted by yoshi at 06:55| 再生3位「3回目の壁をこえる」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。