2016年03月31日

マイ・リフティング動画3月の再生1位は?

YouTubeで公開している僕のリフティングやコパムンの動画の再生ランキングを発表しています。
最近4週間の再生時間によるランキングなので、ほぼ3月のランキングということになります。これをスタートにして毎月の月末に発表する感じにしていきたいと思います。

昨日は5〜3位の発表だったので、今日は2位と1位ですね。

2位「リフティング3回目の壁をこえる練習方法」
YouTubeでの再生はこちら→https://www.youtube.com/watch?v=7QX1ml3fc28
liftingwall02thumb.png
リフティングができるようになるか、できなくてあきらめるか、という最初の境界線が「3回目の壁」だといえますね。といっても無理な体勢でとりあえずボールを3回はずませた、というのではなく、ワンバウンド・リフティングから無理なくノーバウンドを取り入れていく練習方法をご紹介しています。

1位「リフティングが苦手だった僕が上達できた練習方法」
YouTubeでの再生はこちら→https://www.youtube.com/watch?v=No6PVfKzd3c
liftingnew151217thumb.png
おかげさまで、再生回数では3万回を突破しました。リフティングのリニューアル動画の第1弾です。少年サッカー時代は苦手だったリフティングを、自分なりに克服できた練習方法の最初の段階です。回数をかせぐことよりも、まずはインステップで確実にボールをとらえることができるようになるのが、最初のステップでは一番大切だと考えています。

ということで、再生時間のベスト5でした。
posted by yoshi at 06:55| 動画再生ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

マイ・リフティング動画再生ベスト5を発表!Part 1

パソコンでこのブログをご覧の方は、左上に「おすすめ動画」と「再生ベスト3の動画」のランキングがありますが、スマホでご覧の方はそれは表示されません。

ということで、今回と次回の記事の中でマイ・リフティング動画の再生ベスト5をご紹介します。
最近4週間の間(だいたい3月中ですね)で再生時間が多かった動画のランキングになります。なおランキングは昨年からYouTubeで公開しているHD(高画質)動画のみを対象としています。今回はまずベスト5位から3位まで発表です。

5位 「リフティングで泥んこ体験?(5回つづけるための練習方法)」
YouTubeでの再生はこちら→https://www.youtube.com/watch?v=qYkBanH7pgc
copablog160413.jpg
動画のイメージどおりのサムネイル画像のために、泥んこ撮影をしなおした、自分なりに力作だと思っています。自分の経験からも、この5回ノーバウンドで続けるのが、初心者にとってはけっこう高いハードルだと思います。

4位「じつは軸足が!リフティング10回できるための練習方法」
YouTubeでの再生はこちら→https://www.youtube.com/watch?v=96WPAWfhdrY
liftingnew04thumb-b.png
サッカーでもそうですが、リフティングでもボールをけるほうの反対の足、つまり「軸足」の使い方が重要になってきます。このあたりをとくに意識した動画です。順番は「泥んこ〜」のあとの動画なのですが、再生はこちらのほうが多いという意外な結果に・・。

3位「僕のサッカースパイクの履き方が間違っていた!」
YouTubeでの再生はこちら→https://www.youtube.com/watch?v=kLCHUBpS81k
spikehowto01thumb.png
愛用のサッカースパイク「コパムンディアル」の紹介動画を作っているうちに、スパイクの正しい履き方を自分なりに再確認しようとして作った動画です。再生は伸びているのですが、あんまり評価が高くないようで、もう一度同じテーマの動画を作り直そうかな、とも思っています。

次回は3月中にもっとも再生が多かった動画1位と2位を発表します。
posted by yoshi at 07:17| 動画再生ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

高校の女子サッカー部による画期的なリフティング練習

女子サッカーでリフティングがどのくらい重要視されているか、ということをウェブで調べているうちに、京都精華女子高校サッカー部のリフティング練習が、とても興味深いというか、画期的だと思いました。

こちらのサッカー部では、リフティングにかなり力を入れているそうです。ただし、普通のリフティングをただ延々とやるのではなく、手を叩きながらリフティングをしたり、2人組でリフティングを行い、一方が示した数字に反応してリフティングする体の部位を変えたり、という練習です。

同時の複数のことを行うので、試合での判断の速さを養うトレーニングになっている、ということで、確かにそのとおりだと思いました。

初心者の場合は、リフティングをしているとボールを落とさないのに精一杯なものですが、だんだん上達してくるとボールコントロールに余裕がでます。その力の余裕をうまく実際の試合に役立つ力を育成するために使っているのが、京都精華女子高校の練習方法だと思います。
posted by yoshi at 16:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。