2016年11月05日

リフティング練習をやって一番良かったことは?

おかげさまで超苦手リフティング第1弾の動画「リフティングが苦手だった僕が上達できた練習方法」がもうすぐ再生回数10万回を達成しそうです。

まだこのブログで内容についてコメントしてなかったので、数回に分けてコメントしていきます。

もともと僕が少年サッカー時代にリフティングが苦手でした。チームでリフティングの練習をあまり取り入れていなかったというのもあると思います。僕自身も試合中にリフティングを使うこともないという思いから、リフティングの必要性をあまり感じていなかったというのもあります。
copablog161104a.png

それでもチームの中に何人かできる子もいて、僕もやってみましたが、さっぱりでした。続かないとリフティングというのはあんまり面白いものでもなかったんですね。
copablog161104b.png

それでもその後、サッカーを続けていく中でボールコントロールにもっと自信をつけたい、という思いから、自分なりにリフティングの練習をしなおしました。目的は回数を伸ばすということよりも、ボールを正確にタッチすることでサッカーに役立てたいとう思いが強かったと思います。

リフティングがうまくなるために大切なのは、インステップでボールを正確にとらえることだと思います。このインステップはサッカーでも強くボールをキックするときによく使う、足の甲と親指との間のあたり、ちょうどスパイクのひものあたりですね。

サッカーで自分の思い通りにボールをけるためには、ボールに対して足が自分のイメージどおりに動くことが大切です。リフティングが続かないということは、正確にインステップにボールを当てることができていない、ということだと気付いた僕は、インステップの感覚をもっと高めないといけないと思いました。
copablog161104c.png

リフティングをやって一番良かった、と思っている理由は今でも「インステップでボールをタッチする感覚が高まった」という点だと思っています。