2016年11月08日

「ボールは真上にはずませる」の意識が大切

今日も動画「リフティングが苦手だった僕が上達できた練習方法」についてのコメントです。
動画のほうはYouTubeで見ていただくこともできますし、こちらの記事にものせてあります。
http://copamunsoccer.seesaa.net/article/430060960.html

初歩からのスタートで大切なのはインステップでボールをとらえて、はずませる感覚に慣れること。それもできれば両足を使うほうがいいと思います。

なので、両手でボールを落としてインステップではずませて両手で受ける、という基本練習でも右足だけでなく左足でもやってみるのがおすすめなのと、
両手→右足インステップ→左足インステップ→両手
という右足からそのまま左足に送ってから両手に戻すという練習がおすすめです。
copablog161108a.png

この練習は、実際のリフティングで右足と左足を交互に使うための準備にもなると思います。
copablog161108b.png

右足のインステップでとらえたあと、左足のインステップにそのままつなげるわけですが、左足のほうへつなぐことを意識しすぎると、右足のインステップでボールを左側に強くけりすぎることになってしまいます。

ボールを横へ送るという感覚ではなく、ボールは真上にはずませる意識が大切です。ボールが体の中心から離れてしまうとリフティングは続きませんが、ボールが体の中心から離れていなければ、右足でも左足でもなんとかボールをとらえることができるものです。なので特に最初はとにかく「ボールを真上に」がポイントだと思います。