2016年10月28日

「三角形」をイメージしてボールを操るためのリフティング動画

僕のYouTube動画に関する記事はカテゴリ別に分けています。スマホでこのブログをご覧の方は右上の三本線のマークをタップしていただくとカテゴリが表示されます。

「超苦手」リフティング動画の第7弾「リフティングのコツは三角形!(イメージ練習方法)」はYouTubeで公開中です。



インステップと太ももを使った初歩のリフティングができるようになってくると、ボールを自分のイメージでコントロールすることが少しずつできるようになります。

これまではボールの動きに合わせて足を出したり太ももを出したりしていたのが、リフティングを続けながら「次は右足インステップ」「次は右足太もも」「次は左足インステップ」というように、次にボールをどこでとらえたいかということをイメージする、ということができるようになってきます。

とりあえず回数を続ける、というのも練習方法として、ありだと思いますが、ボールを自分の思い通りに動かせる、ということはサッカー全般の技術向上という点でも大切だと思います。

今回は「右足インステップ」「左足インステップ」「太もも」の3点をボールの着地点としてイメージしながら練習することで、ボールコントロールを自分の意思で行っていくためのスタートになると思います。
posted by yoshi at 06:20| 動画「太ももコツは三角形」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

太ももと両足を結ぶ三角形のイメージ

今週のおすすめ動画「リフティングのコツは三角形!(イメージ練習方法)」の解説第2弾です。

前回は右足のインステップと右足の太ももを組み合わせて10回リフティングをやりました。
今回は、「右足の太ももを入れて両足リフティングを10回」にチャレンジです。

copablog160409a.png
迷うのは右足の太ももにボールを上げるときに、右足のインステップを使うか、左足のインステップを使うか、ということですが、基本的にどちらでもやりやすいほうでOKです。

copablog160409b.png
右足が「きき足」の人は、左足のインステップでボールを太ももにあげようとすると、すこしぎこちなくなってしまうかもしれません。

copablog160409c.png
やはり、右足のインステップで上げるほうが最初はやりやすいかもしれませんね。右足のインステップで上げた後、すぐに右足の太ももにボールがいくので、ちょっと右足が忙しくはなりますが。慣れてきたら左足インステップでボールをあげてみてもいいと思います。こちらのほうが足の動きには余裕がでます。

copablog160409d.png
「右足インステップ」「左足インステップ」「右足太もも」
この3つの順番をあまり固定して決めつけすぎると、リフティングもきゅうくつになってしまうので、基本的にはボールの動きをよく見て、ボールを一番とらえやすい部分でとらえるといいと思います。

ただ、まったくフリーにすると、太ももだけでやったり、インステップだけになったりと、いうことになりがちなので、ボールコントロールの練習としてはいまひとつです。なので3点を「三角形」というイメージをもって、この「三角形のどれかの1点でボールをとらえればいい」という感覚でやると、ボールコントロール力もつくし、けっこう自由にボールも動かせるので、練習も楽しいと思います。

この動画をYouTubeで再生される場合はこちらです
https://www.youtube.com/watch?v=V2C50UgrqXA

次回は「左足の太もも」も使ってみましょう。
posted by yoshi at 09:54| 動画「太ももコツは三角形」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

インステップと太ももの高低差にどう対応するか?

今日は、今週のおすすめ動画「リフティングのコツは三角形!(イメージ練習方法)」の解説第1弾です。
YouTubeでの再生はこちら→https://www.youtube.com/watch?v=V2C50UgrqXA

まず最初の課題は「右足太ももを入れて右足インステップ10回」です。
copablog160407c.png
インステップから太ももにつなぐ練習は前回の「山場」の動画でやっていますから、今回はそれを右足インステップリフティングの中に含めてやるわけですね。

右足インステップを10回つづける中で、タイミングを右足インステップですこし強めにボールをけり上げて、右太ももではずませます。右太ももではずませたら、そのままインステップのリフティングを続けます。

copablog160407a.png
これまでやってきた練習の組み合わせではありますが、いざ続けようとすると、あせったりしてなかなか最初はうまく続かないものです。特に太ももでとらえる高さと、インステップでとらえる高さには、かなり高低差がありますから、太ももに意識を集中しすぎると、インステップでボールをとらえるのがおろそかになりがちです。

copablog160407b.png
10回つづけるためのコツとしては、軸足(じくあし)となる左足をボールの動きに合わせて適度に動かすことです。軸足を同じ位置に固定すると、ボールが左右にずれたりするときに、対応できません。無理やり足を伸ばしてボールにさわろうとすると、身体のバランスがくずれてしまいますからね。

ボールが身体からはなれてしまっても、軸足をすばやく移動させることで、身体のバランスを保つことができ、それがリフティングを長く続けられることになるわけですね。
posted by yoshi at 07:12| 動画「太ももコツは三角形」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。