2016年10月30日

少年サッカー時代の苦い思い出を克服するために

動画とコメントを1つのカテゴリにまとめています。

このカテゴリはYouTubeで公開している動画「リフティング5回でぬかるみにはまった僕が脱出できた練習方法」です。「超苦手」リフティング動画の第3弾ですね。



リフティング初心者にとって、10回続けるというのがなかなか難しいのはボールをインステップで確実に上に上げるという感覚がつかみきっていないからだと思います。僕も少年サッカーのころにそれを経験しました。最初の3,4回できたときにはうれしくて「リフティングは楽しそう!」という感じでしたが、そのあと10回まではどうしてもいかずに「リフティングってやっぱり難しい!」という感じになっていたのを覚えています。

僕の場合は、少年サッカー時代にはここでリフティングはあきらめてしまったという過去がありますが、この10回までにあるスランプのような状態を乗り越えると、「リフティングは楽しい!」と感じられる状態がやってくることを、その後のリフティングへの再チャレンジで実感することができました。

題して「5回のぬかるみ」としましたが、人によって4回目かもしれないし、6,7回目かもしれない、なかなか回数が伸びない時期。ここをどう乗り越えるかを動画では解説しています。

なお、この「リフティング超苦手からの練習方法」をすべて最初から見たい場合は、YouTubeの再生リストが便利です。再生リストはこちらです。
https://www.youtube.com/watch?v=No6PVfKzd3c&list=PLnPKmpmFoyOLfNUx27W7_4UqGS24Kzzet

リフティングへのチャレンジが「苦い思い出」のままで終わらなくて今では良かったと思います。ただ最初の練習方法を工夫することで僕ももっと早くリフティングができるようになっていたかも、と考えるとちょっとくやしいですけどね。

2016年03月26日

リフティングを両足交互にやるときのコツ

おすすめ動画解説「リフティングで泥んこ体験?(5回つづけるための練習方法)」、今回が最終回です。
(パソコンでこのブログをご覧の方は、左上に動画へのリンクがあります。)

前回は右足のインステップを中心に5回ノーバウンドのリフティングを続けるなかで、1回は左足のインステップを入れる、というのを練習しましたね。

今回は、右足→左足→右足→左足→右足 というように交互に5回やってみます。
右足,左足のインステップを交互にやろうとすると、どうしてもボールを強く高く上げてしまう感じになりやすいですね。
liftingblog160326a.png
インステップのリフティングは高くボールをあげればあげるほど、インステップでボールをとらえるのが難しくなります。なので、長く続かなくなってしまうわけですね。できるだけ、ボールは軽くはずませ、あまり高くはずませないようにすることが、長く続けるコツです。

liftingblog160326b.png
それから、右から左へ、という意識が強すぎると、右足のインステップの真ん中ではなく内側ではずませてしまって、ボールが横にそれてしまう、ということになってしまいます。

ボールはインステップの真ん中でとらえて、真上に上げることをこころがけましょう。
liftingblog160326c.png
右足インステップで、ボールがしっかり真上にあがってくれれば、あとは左足をボールの落ちてくるほうに少し伸ばして、左足インステップでとらえればいいわけですね。ボールを左右に動かそうとするよりも、落ちてくるボールに対して、右足から左足へと、足を入れ替えるような感じですね。

慣れてくると、そのうちにボールをインステップで、やや右上あるいは左上に上げれるようになります。「右へ」「左へ」と考えるのではなく、体が自然にそう動くようになるわけですね。

今回のコツをまとめると、「両足交互のリフティングでは、左右を意識しすぎず、インステップでボールを軽く真上に上げる」ということになりますね。

両足交互に5回できれば、これで「5回のぬかるみ」を脱出したことになりますね。
来週はまた、別の「おすすめ動画」について解説していきたいと思います。

2016年03月22日

左足リフティンクが苦手な人におすすめな練習方法

今週のおすすめ動画「リフティングで泥んこ体験?(5回つづけるための練習方法)」の解説3回目です。

ノーバウンドのインステンプを右足で5回、左足で5回できるようになったら、今度は両足を使ってみましょう。
ただし、いきなり左右交互にではなく、右足をつづけながら左足を少し入れるという感じですね。

comablog160322a.png
この練習はとくに、利き足でない左足でのリフティングが苦手な人にもおすすめです。左足だけを5回続けるのが難しい人は、こちらの練習から先にやってもいいと思います。少しずつ左足を取り入れる感じですね。

comablog160322b.png
右のインステップから左のインステップにボールを移動させるときに、注意したいのが、あまり右から左へを意識しすぎると、ボールが左に行きすぎてリフティングが続かなくなってしまう点です。

comablog160322c.png
とにかくボールはインステップの中心でしっかりとらえて、真上に上げることを考えてください。
真上にしっかり上がったボールは、右足でも左足でもどちらでもとらえることができるはずです。

次回は、「リフティングで泥んこ体験?(5回つづけるための練習方法)」の解説の最終回。
インステップ両足交互に5回つづけてみます。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。