2016年11月10日

超苦手からのリフティング「奇跡」の完結編を公開!

僕のYouTube動画の新作「「奇跡を起こす!リフティング50回に到達する練習方法」」を公開しました。



前回からだいぶお待たせしてしまいましたが、「超苦手からのリフティング練習方法」シリーズの完結編になります。両足インステップで50回、両足インステップと両足太ももを合わせて50回にチャレンジしています。

第1弾から1年近くかかってしまいましたが、12本の動画の中に、自分のリフティング上達の経験や練習で感じたことを、自分なりに表現できたと思っています。

「奇跡」というのはちょっと大げさかもしれませんが、少年サッカー時代の自分をふりかえると、30回,50回というのは夢のような数字だったので、練習方法を工夫しながら継続したことで、この数字を達成できたのは、自分にとっての小さな奇跡だったと思います。
posted by yoshi at 07:04| 動画「奇跡の50回に到達」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

「ボールは真上にはずませる」の意識が大切

今日も動画「リフティングが苦手だった僕が上達できた練習方法」についてのコメントです。
動画のほうはYouTubeで見ていただくこともできますし、こちらの記事にものせてあります。
http://copamunsoccer.seesaa.net/article/430060960.html

初歩からのスタートで大切なのはインステップでボールをとらえて、はずませる感覚に慣れること。それもできれば両足を使うほうがいいと思います。

なので、両手でボールを落としてインステップではずませて両手で受ける、という基本練習でも右足だけでなく左足でもやってみるのがおすすめなのと、
両手→右足インステップ→左足インステップ→両手
という右足からそのまま左足に送ってから両手に戻すという練習がおすすめです。
copablog161108a.png

この練習は、実際のリフティングで右足と左足を交互に使うための準備にもなると思います。
copablog161108b.png

右足のインステップでとらえたあと、左足のインステップにそのままつなげるわけですが、左足のほうへつなぐことを意識しすぎると、右足のインステップでボールを左側に強くけりすぎることになってしまいます。

ボールを横へ送るという感覚ではなく、ボールは真上にはずませる意識が大切です。ボールが体の中心から離れてしまうとリフティングは続きませんが、ボールが体の中心から離れていなければ、右足でも左足でもなんとかボールをとらえることができるものです。なので特に最初はとにかく「ボールを真上に」がポイントだと思います。

2016年11月07日

地味すぎる基礎練習こそ上達の第一歩

リフティング練習の第1回目の動画「リフティングが苦手だった僕が上達できた練習方法」では、一番初歩の初歩からの練習方法を解説しています。

リフティングで大切なのは「ボールの動きを追いかけて足を出す」のではなく「ボールをインステップで正確にはずませる」ことだと思います。理想的にはボールを追いかけるのではなく、ボールをコントロールすることが大切。

そのためには、インステップで自分のイメージどおりにボールを真上にはずませることが大切になります。
copablog161107a.png

まずは両手を使ってボールを落として、利き足(右利きの人は右足)のインステップでボールをはずませる、そしてまた両手でボールを受け止める、ということを繰り返します。
copablog161107b.png

同じ練習を利き足でないほうの足(右利きの人は左足)を使ってやります。
copablog161107c.png

利き足にくらべると上手くできないことか多いので、どうしても利き足のみの練習に移行しがちですが、初歩の時期から反対の足でボールをはずませる感覚をきたえておくと、後々の練習に役立ってくると思います。
copablog161107d.png

プロのサッカー選手が見せる華麗なリフティングにくらべると、地味すぎる練習ですが、この練習から始めていれば、僕も少年サッカー時代にもっとリフティングが上手くなっていたのではないか、と思っています。何事でもそうですが、そのくらい地味な基礎練習というのは大切なものだと思います。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。